過敏性腸症候群の症状


過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状には、下痢や便秘や吐き気、あるいは腹痛や血便などの症状があります。

 

過敏性腸症候群の症状が下痢の場合、1日に2〜3回以上も下痢や軟便をもよおし、1回の量は少ないですが非常に強い便意が起こります。

 

また便意は強いのに沢山便が出ずに残弁感や不快感が残り、腹痛や吐き気や嘔吐やガスが溜まり、食欲不振などを併発させたりします。

 

過敏性腸症候群の症状が下痢型の人の場合、トイレに気軽に行けない状態であると、より強いストレスを感じて日常生活にとても支障をきたす症状だと思います。

 

過敏性腸症候群の症状が便秘型の人は、一般的な便秘が腸の運動が鈍くなることで起こるのとは逆で、ストレスにより腸の運動がより激しくなる為に便秘になってしまう事があります。

 

この場合、通常の便秘薬を便秘だからといって服用すると、余計に腸の運動を促進してしまい、激しい腹痛に襲われたりしますので医師の診断を仰ぐことが必要になります。

 

過敏性腸症候群の症状として、オナラやゲップの臭いが気になる人も多くいます。

 

過敏性腸症候群と症候群と言う名前だけに、沢山の症状が現われたりします。

 

過敏性腸症候群の原因がストレスなどの心理的要因のため、自律神経失調症との合併することも良くおこりますし、疲労感や立ちくらみ、動悸や肩こり、
あるいは異常発汗紅潮などの症状もあらわれます。

 

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、病院に行って検査をしても異常がなく、下痢や腹痛などの症状だけが現われる病気です。

 

一般的に現代社会に生きる人は、何かしらの心理的なストレスから消火器系の働きに影響を受けやすいものですが、過敏性腸症候群の人はもっと影響を受けやすく、チョットした刺激で下痢や便秘や腹痛を起こしてしまいます。

 

過敏性腸症候群の人の85%がストレスからの影響によるものとされています。

 

食事をするとすぐにお腹が痛くなったり、ストレスを受けると消火器系の病気の症状が出やすい人が過敏性腸症候群と判断されます。

 

朝ごはんを食べるとお腹が痛くなったり、通勤電車に乗るとお腹が痛くなったり、会議中や学校でお腹が痛くなったりする人は、過敏性腸症候群を疑う必要があります。

 

しかし自分勝手にストレスからの影響だと思い込まずに、必ず医師の診断を仰ぐことをお勧めします。

 

症状の裏に何か大きな病気が隠れている場合もありますので、自己判断は病気や症状を悪化させてしまうだけですから、過敏性腸症候群かなと感じたら、まずは病院へ行きましょう。

 

Sponsored Link