過敏性腸症候群の症状


過敏性腸症候群の弊害

過敏性腸症候群の弊害は人によってさまざまですが、ガスが溜まりやすい人の場合にはオナラが良く出ます。

 

人前でオナラをする訳にはいきませんので、つい我慢をしてしまうと内蔵を圧迫して腹痛を引き起こしてしまいます。

 

あるいは緊張から下痢を引き起こす人は、大切な会議やテスト中にお腹が痛くなり、トイレに行かなければならなくなります。

 

オナラも下痢も我慢をするということが出来ませんので、過敏性腸症候群は外出時や人前だと大変困ってしまいます。

 

また過敏性腸症候群の弊害で吐き気をもよおす人の場合は、人前で吐いてしまったりするとそれが原因で外出が怖くなったり、また吐いてしまうかも知れないという気持ちから、過敏性腸症候群の原因であるストレスをさらに強くしてしまう恐れがあります。

 

もともと過敏性腸症候群はストレスから来ている病気ですので、ストレスを強く感じた上に、さらにストレスを受ける症状を伴ってしまうので過敏性腸症候群の弊害として精神的な病気のパニック障害やうつ病を併発してしまう恐れもあります。

 

Sponsored Link