過敏性腸症候群の症状


過敏な大腸

過敏な大腸の方は色々と厄介な事もあります。

 

口から入った食物は、胃や小腸などで体内に栄養分として吸収されますが、吸収後の残りのカスが大腸へやって来て、余分な水分を吸収し便として排出させます。

 

過敏な大腸はストレスなどの影響を受けて大腸のぜん動運動が盛んになり、水分を残したまま排便させてしまうので、結果として水分の多い便、つまり下痢になってしまっています。

 

また過敏な大腸は便秘をも引き起こしてしまいます。

 

大腸のぜん動運動がおこなわれず、食べ物のカスが大腸内に長く留まってしまうため、水分吸収がなされてしまったり、大腸のS状結腸の部分に異常な収縮運動が起こって便の動きが止められて、便が出にくくなってしまいます。

 

過敏な大腸のため硬い便が直腸に溜まってしまい、腸内のガスの排出を妨げてしまう事で腹痛を引き起こしてしまう場合もあります。

 

大腸が過敏であると感じたら、何かしらの対策を考えるか、あるいは最寄の専門医へ相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link