下痢と腹痛

下痢と腹痛の関係ですが、下痢は下痢症状に伴って腹痛が起こることが多く、
正常な場合だと腸はぜん動運動によって便を肛門側へ送ります。

通常であれば、腸を通過する際に内容物に含まれる水分を適度に吸収し、
正常な便を排出しますが、何らかの原因でぜん動運動が活発化されたり、
水分量の調整機能に障害が起きた場合には、
便の中の水分が増えて下痢が引き起こされます。

これに伴い腹部の不快感や腹痛を引き起こすのです。

下痢と腹痛は、腸のぜん動運動が排便後も続くと
腹部の不快感が残り、腹痛を伴い下痢症状が続いてしまいます。

腸のぜん動運動が活発化するという事は、
口から入った内容物を急速に腸を通過させてしまう為、
何度も便意を感じたり水分量の調節が出来ないまま
排便してしまうので下痢になってしまいます。

その為下痢と腹痛を何度も繰り返してしまうのです。


スポンサード リンク

過敏性腸症候群はストレスから来ている病気ともいえますので、
ストレスを強く感じる前に対処していきましょう。