下痢の原因

下痢の原因は大腸小腸どちらかに原因がある事で下痢になる場合が多く、
腸が早く動く事と水分吸収が出来ない事や、
水分が増えてくる事が原因で下痢になります。

下痢の原因には急性下痢と慢性下痢とがあります。

急性下痢には非感染性下痢と感染性下痢とがあり、
非感染性下痢の原因は以下のようにさまざまです。

・食べすぎや早食い
・寝る前の食事などの消化不良
・乳糖不耐症などのアレルギー
・精神的ストレス
・冷たい物の飲み過ぎ食べ過ぎや
・飲酒後の翌朝や早朝からの冷たい物の摂取
・コーヒーや香辛料などの刺激物
・海外で日ごろ食べ慣れないもの
・人工甘味料やマグネシウムの過剰摂取

以上のようなものがあげられますが、
突然の腹痛とともに下痢がおこります。

感染性下痢の原因には腐ったものを口にしたり、
毒キノコや貝毒などによる食中毒、
あるいはO157やノロウィルスなどの細菌やウィルスなどの
経口感染による食中毒や、風邪など腹痛や発熱や吐き気嘔吐を伴います。

慢性下痢の原因には機能性下痢とその他の原因があり、
機能性下痢の原因には、過労や寝不足や不規則な食生活、
排便時間や対人関係や生活環境の中のストレスが原因で、
3週間以上下痢が続いたり再発を繰り返したりします。

慢性下痢のその他の原因としては、
がんやポリープ、かいよう性腸炎などの腸の病気、
あるいは肝臓や脾臓の病気やアレルギー性の病気、
糖尿病や抗生物質などの薬の副作用による原因があげられます。


スポンサード リンク

過敏性腸症候群はストレスから来ている病気ともいえますので、
ストレスを強く感じる前に対処していきましょう。