過敏性腸症候群の症状


過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因は、精神的なストレスがあげられますが、自立神経が乱れると胃腸の働きが正常に機能しなくなり、生活リズムや食生活の乱れも原因になることがあります。

 

胃や腸は脳と自立神経によってつながっているので、脳が不安を感じると自立神経を介して、自分が思っている以上に胃や腸など内臓にストレスを受けやすいもので、ストレスが伝達されると腸のぜん動運動が異常になり、腹痛や下痢や便秘になってしまうのです。

 

過敏性腸症候群になりやすい人は、神経質で繊細な人が多く、真面目で不満を溜め込みやすい人だそうで、女性は男性の3倍多く男性は下痢型、女性は便秘型になりやすいです。

 

過敏性腸症候群の原因になるストレスを強く受ける場所に行くと症状が現われてしまう為、余計に不安を感じ強いストレスがかかり、悪循環を繰り返してしまいます。

 

もうひとつ過敏性腸症候群の原因には、予期不安と言う心理的な原因で、一度下痢などの原因から人前で恥をかくと、脳の学習能力から人前で下痢をすることに恐怖感を感じて、トイレに行けない環境などに置かれると不安障害として下痢をしてしまうという事が起こります。

 

Sponsored Link