過敏性腸症候群の症状


過敏性腸症候群の診断

過敏性腸症候群の診断は、問診により精神的心理的要因がないかの確認とともに、他の重大な病気が隠れている場合もあるので簡単な検査を行ないましょう。

 

簡単な検査から超音波検査や血液検査や尿検査や検便をして、身体的な異常のない事を確認してから、過去3カ月間のうち1カ月間に少なくとも3日以上腹痛や腹部の不快感があった場合に過敏性腸症候群の診断がなされます。

 

診断に不安を持った場合には注腸X線検査や、上部および下部の消化管の内視鏡検査で腸管の器質的異常の無いことを確認します。

 

また一般的な検査をして異常が見当たらずに強いストレスを感じる場合は、心療内科や精神科に通ってみるのも良いでしょう。

 

診療内科や精神科で過敏性腸症候群の診断をうける場合は、カウンセリングを受け診断されるので、自分の今の状態をいかに細かく伝えられるかがその後の治療に関係してきます。

 

過敏性腸症候群の診断を心療内科や精神科で受けた場合、必要に応じて抗うつ剤や抗不安剤を処方してもらえ、精神的な苦痛を和らげてくれることもあります。

 

Sponsored Link